いろいろ試した二日酔いの対策をご紹介

私はとても飲むことが好きで会社の飲み会にも積極的に参加していますが、悩みといえばやはり二日酔いです。
周りの人間も多く飲む人が多いのでついついペースを上げて飲み続けているとどうしても二日酔いになりますよね?
そこでネットや知人に聞いた情報から二日酔い対策をいろいろ試しています。

 

まず最初にしたのは牛乳を飲むことによって胃に粘膜を張ればいいという方法です。
これはまあまあ効果ががある気がします。
私の個人的な感想では酔いがまわるのが遅くなっている気がします。しかし結局飲みすぎれば二日酔いになってしまうので今では行っていません。
あまり飲む予定のない日などにはいいかもしれません。

 

そして次にテレビCMなんかでも有名なウコンも試しました。
これは効果がありました。やはりテレビCMで知名度を上げただけのことはあるかと思います。
ただ、多少肝臓に負担がかかるみたいのな話を聞いたこともあるので、相当飲みすぎた日に限定してウコンを飲むようにしています。 しじみに含まれるオルニチンも肝臓には良いようで、 ウコンとどっちにしようか検討中です。

 

そして一番安定して効果があるのは胃腸薬ではないでしょうか?
私自身今、行っている二日酔い対策のメインの対策となっています。
よほど飲みすぎたりしない限りでは、次の日もすっきりと元気に一日過ごせると実感しています。

参考→ オルニチンサプリおすすめランキング

最近は飲む前にたくさん食べるということも始めました。
これは単純に食べ物を胃に詰め込むことで飲む量を減らし酔いが回らないようにすることで、二日酔いを回避するわけですが、結局「今日はたくさん飲むぞ!」と意気込んで飲み始めると飲むほうが優先してしまいますので、たまにあるつまらない飲み会などの時に有効かと思われます。

 

もし二日酔いになってしまった場合の対策もいろいろ試しました。
一番は寝れるだけ寝る!ということなのですが、予定があったり時間がもったいないという方には向いていないかもしれません。

 

次にお勧めなのは運動をして汗をかくことによってアルコール分を体内から出すという方法なのですが、これはとても効果があるように実感しています。
ただ飲みすぎた次の日などは運動する元気すらなく立ち上がるのさえ困難なので、軽く二日酔いで立ったり多少動く元気があるときに行うのがいいかと思います。

 

ただ一番やってはいけないのがサウナや熱いお風呂に入ることですね。
ニュースで以前にありましたがアルコールが体内に入った状態でサウナに訪れた人がそのまま亡くなられてしまいました。
心臓に負担がかかるようで死亡にまで発展してしまうようです。

 

皆さんも安全な二日酔い対策を心がけましょう。

飲みの場と飲みのあとにしている二日酔い対策

私が今までにやった二日酔い対策は、お酒に酔いやすい状況を作らないことです。
やはり、体調が悪かったり自分の状態が良くなくてお酒がまわりやすい時にいつもの勢いでお酒を注文すると酔いやすくなり、次の日までお酒が残ってしまいやすくなります。
まず、常識ではありますが空きっ腹にお酒を入れないようにしています。
喉が乾いていても、お酒を乾杯したあと一気に入れるとお酒がまわりやすくなるので、乾杯した時に少しだけお酒を飲み、あとはおつまみが来てから飲むようにしています。
また、お酒が強い人と同じペースでお酒を注文すると酔ってあとで後悔するので、自分のペースで飲むように気を付けています。
飲んでいる途中に頭痛がしてくると、その頭痛が翌日まで続くこともあり、二日酔いに繋がります。
二日酔いにならないためには、きちんと自己管理をしてお酒をいくら飲んでも冷静で客観的に自分を見ることが大切です。
体調が悪い時にはお酒を控えめにしたり、1杯1杯自分が酔い始めているかどうかを確認し、酔ってきたなと思ったらお水を注文します。
お水を飲めば多少体のアルコールを薄めることができます。
また、自分が酔っていないと思っても意外と酔っていることもあります。
それは、席を立って歩いてみることでわかります。
だからこそ、私はできるだけ途中でお手洗いに行くことで自分が酔ってふらついていないかを確かめます。
楽しいからといって飲みすぎてしまうと二日酔いに繋がるので、自己管理は徹底して自分で飲む量は意識しています。
しかし、周りに流されて飲まなければならなくて、その結果後悔することもあります。
そういった場合は飲んで帰ったあとの自分の行動が大切になります。
私は飲んだあとも家でお水を飲むようにしています。

翌日までアルコールが残らないようにするのは二日酔い対策として良いことだと思うからです。
また、ぬるいお湯にゆっくり時間をかけて浸かることがアルコールの分解を早めてくれたりリラックスさせてくれる働きがあるので、二日酔い対策として飲んだあとにでもできることはしています。
二日酔いは頭痛が辛いので、寝る前には頭痛薬を飲んで眠ったりすることでも翌朝二日酔いをしないでスッキリ起きられるようになります。
飲みの場が楽しくても翌日に響くと翌日に悪い影響があるので、このように飲みに行く時には色々な対策を行っています。
それが良いのか、最近飲みに行っても二日酔いになることはありません。
二日酔い対策をして飲みに参加するのはお勧めです。

DHAサプリ